ほっこりします。人と人との和み。

名張養護老人ホーム みさと園

sub01PhotoMain_01.jpg

<養護老人ホームとは>

 養護老人ホームとは、家庭など生活環境上の理由や経済的な状況により自宅で

 生活することが困難な65歳以上の高齢者を受け入れ支援するための施設です。

 養護老人ホームでは、安定した生活が送れ、さらに自立して暮らしていけるよう

 様々な支援や訓練を行っています。

<入所を希望される方は>

 養護老人ホームへの入所は、市町村が決定することになっています。

 入所を希望される方は、名張市役所健康福祉部高齢・障害支援室(名張市以外の方は、

 居住地の市町村役場)にご相談ください。

  ■連絡先 名張市鴻之台1-1

  名張市役所    健康福祉部高齢・障害支援室 

  高齢者福祉担当  TEL 63-7599

<入所の決定>

 高齢・障害支援室では、必要な調査を行い入所条件を満たす生活環境や経済状況にあるかを、

 医師や福祉関係者などで構成する入所判定委員会で審査のうえ、入所の可否を決定します。

<みさと園の基本目標>

 みさと園は、入所者の皆さんの“生活の場”です。

 生活の主体は、いうまでもなく入所者の皆さんです。

 一人ひとりの思いや主体性を尊重しつつ、安全で快適な生活環境と健やかで

 心豊かな暮らしの創造を目指します。

 1.安全で安心な暮らしの場づくり

   入所者の皆さんの安定した生活の基盤となる安全で安心な生活環境を創造します。

 2.健やかで生きがいのある暮らしづくり

   入所者の皆さんの自立した暮らしを実現するため、健康づくりと

   自身の目標の実現に向けた様々な活動を積極的に支援します。さらに、入所者の皆さんが

   施設の内外で積極的に役割を果たしていただけるように努めます。

 3.地域と人々を結ぶ豊かなネットワークづくり

   地域コミュニティ、医療機関、ボランティア団体、行政等関係機関との多様な

   ネットワークを構築し総合的な支援が行えるようにします。また、地域社会に根ざし、

   地域に貢献する施設づくりに努めます。

 4.人が輝く活力ある職場風土の形成

   一人ひとりの職員が、使命を自覚し、夢とやりがいをもって仕事に取り組む

   活力ある職場風土を創造します。

<全室準個室>

 お部屋は、入り口が一つですが、襖で二つの部屋に分かれている準個室タイプです。

 1階の居室は、木造でバリアフリー仕様です。

 2階の居室は、畳で落ち着いた雰囲気になっています。

<自由な生活>

 あらかじめ申し出ていただければ、原則として外出・外泊は、自由です。

 面会も気軽に訪問していただけるよう配慮しています。

 団体生活ですので決められたルールやマナーを守っていただく必要はありますが、

 様々な生活の場面で、入所者の皆さんの希望や意思をできる限り尊重します。

 もちろん、自由には自己責任が伴うことをご理解ください。

<潤いのある生活>

 入所者の皆さんの希望を尊重しながら、四季折々の行事やイベントを実施するとともに、趣味や

 教養を高めるための活動や健康づくり、リクリエーションなど様々な企画をご用意しています。

<安全・安心な生活>

 いざという時も安心して生活していただけるように、相談員、支援職員、看護師

 などのスタッフを配置しています。また、嘱託医や近隣の医療機関との連携も充実しています

<定員>

 50 名

<ご利用の申し込み方法>

名張市社会福祉事務所にご相談ください。